交通事故の慰謝料の種類と計算基準

バナー

交通事故の慰謝料の種類と計算基準

交通事故に遭ってしまったときに、もしも怪我をしてしまったような場合は、事故を起こされた加害者に対して慰謝料を請求することができます。
通常は加害者も保険に加入しているので、慰謝料の多くは保険会社から支払われるのが一般的です。

まず、交通事故の慰謝料には二つの種類があります。
それは、後遺障害に対してのものと、入院や通院にかかった費用に対する慰謝料の二つがあります。

後遺障害に関しては、事故後に何か後遺症が出たと判断されれば請求することができます。

ただし、障害認定を医療機関で認定してもらうことが必要があり、障害の等級によって、受け取ることができる金銭も変わってきます。


入院や通院にかかった費用の請求については、自賠責基準と任意保険基準、弁護士基準の三つの種類があります。
たとえば、自賠責保険基準で入院や通院にかかった費用を計算する場合は、通院日数を2倍にした日数か、治療期間の日数のどちらか少ない方に4200円をかけ合わせた数字が慰謝料として請求することができる額ということになります。



これらの種類の中で一番請求できる額が多くなるのは、弁護士基準で計算したときの請求額です。ただし、弁護士基準に基づいて費用を請求する場合は、それなりの根拠が必要になってきますので、被害者一人で請求を行うのは難しいと考えられます。

快適な暮らしを実現するための2ちゃんねるの特別な情報を載せています。

もしも、弁護士基準に基づいた費用を請求するのであれば、交通事故の案件に強い弁護士を立てる必要があるでしょう。



Copyright (C) 2015 交通事故の慰謝料の種類と計算基準 All Rights Reserved.